みなさんへの告知板


オンラインゲームからは離れました。これからはリアルょぅι゛ょで頑張ろうと思います


ミジンコゼミナール


ネットゲーム解析初心者向け講座、ミジンコゼミナール 開講!

多重起動、窓化の基礎をしらんやつは見ておけ。
読んでも理解できないやつは解析以前の問題だから文句いうな('A`)

ミジンコゼミナール:ネットゲーム解析講座一覧
1日目:入学/必要な教材 2日目:基本的なアセンブリ言語
3日目:Ollydbg の操作方法と演習 4日目:多重起動1(FindWindow)
5日目:多重起動2(CreateMutex) 6日目:多重起動3(EnumWindows、その他の方法)
7日目:ウィンドウについて
8日目:窓化(D8) 9日目:窓化(D9)
10日目:DLL について 11日目:何か作ってみよう
12日目:試験 13日目:プレゼント

2007年07月15日


ROHANはnPro

ROHANやってみた。

このゲームのいいところはランチャー起動しなくても、蔵をクリック

するだけで直起動できるのがいいところなのだが、蔵を覗いてみると

気になる処理をしているのを発見。

ん?なんか隠してるのか??と思いながら本来は必要無いはずの引数を

入れて蔵を起動してみる。




fairyclient.exe adbillsoft




ふがふが… nProさん起動しなくなった。

デバッグとかメンテ用なのか?と思いながら接続してみる。

が、しかし nPro の暗号が掛かってないおかげでログオン鯖の認証で

存在しないユーザーです、と蹴られてしまう('A`)

なるほど、SSLでやりとりしてるのは通常時のnProで暗号化されたパケット

すらをも隠すための伏線か…。 ……ん?あれ?

通常時のnPro暗号済み生パケットをドライバでフック -> ログ出しする。

ログ出しした適当な数文字(nPro暗号済み)を nPro 起動しない状態で

ユーザー名・パスワードのとこに総当りで入力テストしまくったら

どうなんだろ?? そのままログ内容を上手く送れるならそれに越したことはないが…。

いや、面倒&時間ないのでそんな事はやってないけど海の外の人達なら

喜んでやってくれそうだな…w


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。